超低消費電力小型モジュール

920MHz帯IoT用モジュール「KT930」は、単体で小型IoTノードの構築が可能な、超低消費電力小型モジュールです。
温度センサーや加速度センサーも搭載可能で、様々な仕様に合わせてカスタマイズが可能です。

製品特徴

低スリープ電流:1μA

アナログ・デバイセズ社の低消費電力CPUとトランシーバICを採用。
スリープ電流が1μA (typ)と非常に少なく、間欠動作で使用する センサー用IoTノードとして最適。

モジュール単体で小型IoTノードが構築可能

温度センサー、加速度センサーを搭載でき、電池を接続するだけで 小型 IoTノードの構築が可能。

広い動作電圧

2.2Vの低電圧で動作できるので電池駆動に最適。
注)
2.7V~3.6V 送信出力20mW
2.2V~2.7V 送信出力10mW

主な仕様

項目
仕様
 準拠規格 ARIB STD T-108 1.2版 920MHz帯特定小電力無線局
 通信プロトコル IEE802.15.4g/e、Wi-SUN, 6LowPAN
 主要コンポーネント トランシーバIC: ADF7030-1 (ADI社製)
      CPU: ADuCM3029 (ADI社製)
 アンテナ 内蔵Chip アンテナ、外部アンテナにも対応可能
 空中線電力 20mW (2.7V~3.6V)、10mW(2.2V~ 2.7V)
 システムの要求に合わせPowerレベルを設定可能
 伝送速度 50kbps~300kbps システムの要求に合わせ設定
 外部I/F UART(460.8kbps),SPI, I2C,各種外部センサー対応
 搭載可能センサー
 (オプション)
 温度センサー: ADT7302(ADI社製)
 加速度センサー:ADXL362, ADXL372(ADI社製)
 外部接続コネクタ 32pin ヒロセB2Bコネクタ(嵌合高さ: 3.0mm)
 固定方法 固定用ねじ穴: 4か所
 電源電圧(出力電圧) 2.7~3.6V(20mW)、2.2V~2.7V(10mW)
 消費電流 送信: 60mA(20mW時、typ)、受信: 30mA(typ)
 スリープ時: 1μA(typ) 低消費電力モード
 仕様温度範囲 -20℃ ~ +80℃
 外形寸法 22(W)×33(L)×3.5(H) mm

販売・製品に関するお問い合わせ

担当者 / 石森・五十嵐まで

株式会社カズテクニカ042-786-1441受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ