スマートメータ現地調査用 電波状況測定装置

フィールドテスター「KT920」は、実際のスマートメータやコンセントレータを設置する場所で、スマートメータの電波がどの程度の強さで到達するのかを調査できます。

この装置は2台1組です。相互に電波の強さを測定し、それぞれの電波の強さを数値で液晶画面に表示します。

測定結果は後からパソコンに転送することができます。

製品概要

  1. 測定ボタン1つで測定開始~終了まで、自動測定します。
  2. 測定結果は、LCDに表示されます。
  3. 100件分の測定データを内部に保存することができます。
  4. 保存された測定データはLCDに読み出すことができます。
  5. 保存データは、全部または個別に消去できます。
  6. パソコンに、保存データを転送することができます。
    (USBケーブルを使用します。)
  7. 保存データは、日付と時刻により識別できます。
  8. コンパクト設計なので金属箱やPSに入れることができます。
    扉を閉めた状態(実際のスマートメーター設置環境)での測定が可能となり、
    正確な値を表示します。
  9. 双方向での測定を行い、それぞれの電波の強さを、まとめて画面に表示します。
  10. 測定は、約10秒で完了します。
  11. USBケーブルを用いて、外部に測定データを転送できます。
  12. 単三アルカリ乾電池を使用しているため、電池の入手が容易です。
  13. 落下にも対応できるよう、衝撃吸収カバーを装着しています。

主な仕様

項目
仕様
 送受信周波数 922.4MHz / 923.4MHz の2CHを使用
 送信出力 約20mW
 受信レベル表示範囲 -120dBm ~ -20dBm、1dBステップ
 受信レベル表示確度 ±3dBm以内(-100dBm ~ -60dBm)
 測定時間 約5秒(測定待ち時間は含まない)
 アンテナ 無指向性 内蔵パターンアンテナ
 液晶画面表示  12文字×4行 (バックライト付き)
 測定データの保存数  100回測定分(不揮発性)
 測定データの転送 microUSBコネクタでPCに転送可能
 外形寸法と重量 85(W)×32(D)×171(H) mm、約390g
 適用無線規格  ARIB STD-T108 第1.0版
 付属品 ゴムカバー 他

調査・測定イメージ

小型化で “自由度の高い測定” が可能!

  • 柱上CR(7m)測定
  • Bルート(HEMS)
  • 三脚設置
  • 分電盤設置

 

販売・製品に関するお問い合わせ

担当者 / 石森・五十嵐まで

株式会社カズテクニカ042-786-1441受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ